南極おじさん日記

南極に来て7年。日々の活動記録

内陸旅行

天敵

昨日も書いたペンギンセンサス。 実はペンギンの数をカウントしてる最中にちょっとした事件が。 暑いので上着を脱いでそこらの岩に置いてカチカチとペンギン数カウント。 後ろにいるオオトウゾクカモメ(デカイ)がうるさい。 なんだろな と思いみたら俺の上…

今日で

南極に滞在してちょうど1年が経ちました。 「1年前、到着した直後」 帰国までまだありますね。 ドローンで南極昭和基地を紹介する動画 第1弾

25人の昭和基地

野外隊が6人がいなくなり、 昭和は25人へ 実は南極おじさんが昭和残りで他に泊まり野外に出る事ってかなりレアです。 なんか初めての経験的な感じでワクワク。 定時交信の様子 昭和基地に高層ビル!?南極の工事現場

今年は飛行機で南極入り③ 5度目の南極へ降り立った

このシリーズ、6月に②まで書いて放置されてましたね。 ノボ基地に到着し、自分たちの荷物を降ろしたり運んだりします。 ここでもピステン君は活躍中 作業灯の位置が違うしグリッパーがアルミ! 羨ましい でもこの作業灯の位置はかっこ悪い インテークも延長…

アフター 今回は長文

無事に昭和基地へ運んだ1号車。 事の発端はドーム旅行から帰ってきて片付けも終わりもうチョイで帰るって時。 昼飯の為に停車し、食後に移動しようとしたら動かない。 元々大陸に残置し昭和基地へ帰る予定だったし、ドーム旅行終わった直後でそんなに深刻に…

Mission impossible DAY4-mission8 final

Mission8 その後昭和基地まで13km回送せよ 遂にFinal mission 無事にクラックも渡り、しつこくソリに乗せて残り10kmチョイ 気を抜かずに進みましょうね。 途中、眠り姫も現れ誘惑してくるが負けず。 いよいよ昭和基地が消えてきた。 長い道のり、本当に…

Mission impossible DAY4-mission7

Mission7 自走出来ない13tもある車両をソリから下ろしクラックの上を自走せよ 残すとこミッションもあと2つ。 最大の山場は超えたけどまだ気は抜けない! 第7のミッションは油断すると命に関わるミッションなので益々気を引き締めていきましょう。 過去記…

Mission impossible DAY3-mission6

Mission6 19km牽引した後に13tの車両を氷の急斜面を下って下まで回送せよ いつもより1時間程度遅れてとっつき岬の上に到着。 ここから氷の斜面を降ろす事になります。 まずはソリのまま行ってみる。 離れた所で監視してもらいつつスタート。 「横滑りし…

Mission impossible DAY3-mission5

Mission5 13tもある車両をソリに乗せた後に19km牽引せよ 気分晴れやかに3日目の朝 今日は昭和基地まで戻っておしまい! さあ帰りましょうね。 ソリの前にPB302号車、念の為さらにその前にSM100 2台の大型車両で曳けば流石に余裕でしょう 事前に用意して…

Mission impossible DAY2-mission4

Mission4 掘り出した車両をソリに載せよ バリバリと音を立てながら剥がれ、脱出成功。 そしてすぐ前に設置していたソリへ載せましょうね。 車両の後ろにちょっとだけ写り込んでるこの橇、南極おじさん設計の橇です。 元は35tクレーンを「しらせ」から昭和基…

Mission impossible DAY2-mission3

Mission3 8ヶ月放置してある重量13tの車両を掘り出した後、引き出しせよ(自走不可) TB部隊の怒涛の活躍により、3時間程度で車体がマルッと出て来た。 しかしそこは重量級車両。 その重さ約13.000kg 8ヶ月も放置すれば、ベッタリと雪に張り付いてしまう…

Mission impossible DAY2-mission2

無事にmission1を完了し、翌日次のmissionへ Mission2 8ヶ月放置してある車両をガチガチの雪から掘り出しせよ 我が60次隊が誇る 「TB部隊」(手掘り部隊)が大活躍 極寒の中、汗を掻く程TB部隊は頑張る 南おじもTBしてみるが役立たず TB部隊が本気出せ…

Mission impossible DAY1-mission1

皆さんミッションインポッシブルのテーマ曲を頭の中でよろしく。 チャラチャ〜 チャラチャ〜 チャラチャ〜 チャラッチャ ドゥン〜ドゥン〜ドゥンドゥン ドゥン〜ドゥン〜ドゥンドゥン ドゥン〜ドゥン〜ドゥンドゥン ドゥン〜ドゥン〜ドゥンドゥン 今回のS16…

内陸S16

また行って来まーす 3泊4日 ベトナム戦争でも飛んでいたヘリコプター(ベル)で南極のスカルブスネスに行ってみた。

S16仕事

こんにちわ昭和基地 3泊4日のS16から帰って来ました。 やっと橇の掘り出しと他部門の仕事が終わりました。 やっと! やっっと! 自分の仕事に取りかかれる!!! 今回は1時間程度時間が取れたので愛車の掘り出し! 周りから少しずつ よっと 後ろもね ここ…

野外活動

S16に行くと行ってもう2週間?3週間? ずっと天気が悪い。 何なのこれってくらい天気が悪い。 いや、 昭和基地はいいんですよはい。 S16の天気が常に風速10m超えてる。 全くもって仕事が進まない。 明日行ければいいですね。 行った際は更新が止まります…

S16旅行延期

朝早くに数日先の予報を見て判断した。 こりゃ無理だ。 よし!延期! と決めました。 なので午後は昭和基地から近い大陸沿岸、向岩と言う場所に行くそうなので支援に。 昭和はそれなりに風弱かったのに現地やばい。。。。 え なにコレなにコレ! の連呼。 2…

明日からまた野外へ

行く予定です。 だが! しかし! 地吹雪がやばそう。 早朝にもう一度判断して決めようと思います。 行けた際はまたブログ更新とまりますが、それは仕方ない! うん。 アザラシの赤ちゃん 初めて見た人間が南極おじさん!

バッテリーとドラム缶

S16から持って帰ってきたソリにドラム缶を載せたり、ソリを修理しています。 持ち帰ったバッテリーも精製水を足して充電してみてますが・・・ うぅ。。。。 こりゃダメだ(汗) 比重が上がらない でもこれを使うしか無いので、 じわぁ〜〜っとゆっくり充電…

1回目のS16旅行

みなさんこんにちわこんばんわ 南極おじさんです! 昨日も書いたS16 3泊で順調に行けば、ほぼ終わる予定でしたが風も視程も悪く 仕事がはかどらない・・・・・ 燃料を乗せる橇を全て下界まで下ろすプランでしたが、 車の不調、天候不良など重なり4割程度で…

ポイントS16

先ほど3泊4日のS16オペから戻りました。 疲れた・・・ 予想に反して天気大荒れ。 予定の半分程度しか仕事終わりませんでした。 疲れたので寝ます・・・ 詳細は明日にでも 南極観測隊員になるには?と質問に答える南極おじさん

明日こそ

3泊で行けそう? 2泊になりそうでもある。 これはいっぱいYoutube素材撮れるね! 今日も休憩中に実験動画とか撮ったんだけどね。 レンズ汚れてた(´Д` ) 明日撮り直そう! 南極の飛行機事情 レア飛行機ばかり! 乗りたくても乗れない珍しい飛行機達 詳細に…

野外行動

本当は今朝、内陸の拠点へ3泊で行く予定でした。 朝起きて天候チェック 案の定2日後の天気がダメっぽい。 延期としましょうね。 昭和基地は快晴。 昭和基地の天気が良いからといって油断しては事故が起きます。 英断! と言うことにしておきましょう 南極 …

久々の野外活動

昨日は3ヶ月ぶりくらいに島の外に出ましたね。 内陸へ行く為の準備として、以前作ったルートの再確認に行って来ました。 凄まじい寒さでしたが無事確認終了。 あとは天気次第でどうなるかですね。 疲れてブログ更新前に寝ちゃったです。 南極大陸へ自衛隊の…

マイナス気温

お題「最低気温の体験」 最近昭和基地は晴れが続いていますね。 晴れると気温が下がるのは南極でも一緒。 放射冷却? その辺はよく知りませんけど。 今朝は寒くて布団をかけ直している最中に昭和基地内に響き渡る警報。 ファンファンファンファン うへぇ と…

今年は飛行機で南極入り③ ロシア(ノボ基地)ー昭和基地沖滑走路へ

ノボに到着し、荷役作業をちょっとだけしキャンプサイトへ案内されましたね。 ここでもピステンは元気に動き回っていました。 次の飛行機が飛ぶまで、特にやる事はなくメシ食ってはぼーっとしてるだけ! と思っていました。 飛ぶのは確実に明後日だ という情…

今年は飛行機で南極入り② 5度目の南極へ降り立った

そんなこんなで計10日位ケープタウンに居ましたね。 延期延期でやる事も無くなって来た頃に、「明日飛ぶぞ」との連絡。 正直「うわ、、、まじで、、、、」という気持ちでした。 楽しみは前も書いた飛行機マニアなので イリューシンというロシア製の飛行機に…

今年は飛行機で南極入り①

今年はドームふじ基地へ行くために、本隊よりも1ヶ月早く南極へ。 砕氷艦しらせはまだ日本なので飛行機で。 飛行機マニアな私も大興奮のA350という最新機材でシンガポールへ。 チャンギ空港では数時間しか無く、小走りでシャワー浴びて直ぐにまた飛行機へ。…

機械モジュールと言う名の

工作車みたいな箱 寝泊まりも出来る(寒い) 今後の内陸旅行の為に整備と改修が終わりました。オイルと工具と溶接機、予備部品 これを牽引してドームふじ基地まで行ってらっしゃい。(私は行かない)

ドームふじ基地

ドームふじ基地に58次.60次の2回行ってきました。 時速8km。見渡す限りの雪原 片道1100km 素晴らしい景色でも1100kmはキツイ 標高3810m 気圧580hp 気温マイナス40℃ 呼吸が苦しい。 体重は毎回20kg前後落ちます。 下界に降りるとすぐに元どおりですけど。